以前インタビューさせていただいたフレンチレストランで

美味しい伝統的なフランス料理を堪能しましたモグモグ



<シューファルシ>

野菜とお肉のバランスよく絡み合った甘みが美味





<鯛のグリエ、クスクスラタトゥイユ添え>

鯛のポワレされた白身と美味しく煮込まれたラタトゥイユのコラボが絶妙





<子羊のロースト>

とっても柔らかくて美味しい

驚きの厚みが食べ応えあり





<キャラメルアイス>

私の一押し大人味のデザートラブ





伝統的な味を守っているしっかりした美味しさと

サービス精神の溢れ出たボリュームディナー

大満足ですモグモグご馳走様でした〜ラッキー



L’Amitie(ラミティエ)

【アクセス】新宿区高田馬場2-9-12 柴原ビル1F

【TEL&FAX】 03-5272-5010

※いつも満席なので予約を取られてから行ったほうがいいと思います。










ラミティエのシェフ

【アクセス】新宿区高田馬場2-9-12 柴原ビル1F

【TEL&FAX】 03-5272-5010

※いつも満席なので予約を取られてから行ったほうがいいと思います。



飾らない本場のフランス料理を味わえるお店。

フランスへ行かれたことのある方には思い出が蘇るような、

行ったことのない方やフランス料理が初めての方にとっては確実なフランスの味をリーズナブルに堪能できるレストラン。

ちなみに・・・私の一押しデザートはキャラメルアイス、大人の味で濃厚なのにしつこさがなくとにかく初めての味で感動しました、うまく説明できませんが食べたら納得だと思います!



そんなラミティエのシェフ宮下清志さんは「サービス精神」「人に喜んでもらうこと」「親しみやすさ」このようなことを大切にされているそうです。

そんなシェフは気前良く取材に応じて下さいましたのでご紹介します↓

(下段のフランス語が実際の会話で、上段の日本語はミニフランスジェイピーの翻訳です)



minifrancejp

なぜ日本料理ではなくフランス料理を選ばれたのですか?



宮下シェフ

私は子供の頃からフランス料理に興味がありました。

小学校から家に帰るとフランス料理を作る当時の番組を見ていました。その料理はいつも自分が食べているものとは全く異なり全てを自分で味わってみたいと思っていました。

初めて食べたフランス料理をよく思い出します。それは頂き物の帝国ホテルのテリーヌで、とても丁寧にそのテリーヌを切りましたが食べ方がわからず、お醤油とワサビをつけて食べてしまいました。とても不味かったです。



minifrancejp

お店の名前の由来はなんですか?



宮下シェフ

2000年に開店した"L'Amitié"とは「友情」や「親しみやすさ」といったような意味で、私の好きな言葉でありお客様にも自分の家に行くような感覚で来て貰いたいという思いを込めています。



minifrancejp

お店のコンセプトはなんですか?



宮下シェフ

私にとってフランス料理を紹介する最も良い方法は、フランスの人達にとってのフランス料理「安くてお腹がいっぱい」を提供することです。それがラミティエのコンセプトです。

ラミティエのスタッフ



minifrancejp

フランスでお仕事されていましたよね?



宮下シェフ

はい、約2年間。始めはパリのトゥールダルジャン、次にカンヌのロアジス、それからパリのいくつかのお店です。



minifrancejp

影響を受けたのはどんなシェフですか?



宮下シェフ

まずはジェラール・ベッソン(ひとつ星)です。なぜなら彼は過剰な装飾をせず、昔から受け継がれている伝統的なフランス料理を愛しているからです。

もう一人はクリヨンホテルで以前シェフを務めていたクリスチャン・コンスタンです。彼は私にとって一番の料理長でした。彼の調理場でのまとめ方は信じられないほどでした。

私が日本に帰ってから2人の影響を受けていることを実感しました。



minifrancejp

季節のお勧め料理はなんですか?

宮下シェフ

子羊のスジ肉のアンチョビとケッパーのトマトソース



minifrancejp

どんな食材を使っていますか?

宮下シェフ

長野の私の両親から送られてくるたくさんの野菜と、フランスとオーストラリアから取り寄せるお肉です。



minifrancejp

ワインリストは?

宮下シェフ

全てフランスワインです。私は無農薬のものが好きですがオーソドックスなワインも好きです。例えば、毎年会っているかつての料理人仲間が造っているワインです。



minifrancejp

シェフにとって一番代表的なフランス料理は何ですか?

宮下シェフ

ためらうことなくステーキ&ポテトフライです。

フランスのビストロでは必ずあり避けて通ることの出来ない一品です。



Le restaurant “l’Amitié”, un petit coin de France à Takadanobaba.

“l’Amitié”

Déjeuner ou dîner à l’Amitié c’est retrouver le temps d’un repas le goût simple et authentique de la cuisine française.

Pour certains cela réveillera peut-être le souvenir d’un voyage en France, et pour ceux qui n’ont pas encore eu l’occasion d’y aller c’est certainement la meilleure initiation à la cuisine française a moindre prix.

Donner, rendre heureux, amitié, trois mots importants pour Kiyoshi Miyashita le Chef de l’Amitié。



minifrancejp : Pourquoi avez-vous choisi la cuisine française plutôt que la cuisine japonaise?

Miyashita san : Mon intêret pour la cuisine est venu très tot.

Quand je rentrais de l’ecole, je regardais des émissions culinaires à la télévision où on y préparait des plats français qui étaient bien sûr tres différents de ce que je mangeais tous les jours et je voulais absolument tout goûter.

Je me rappelle très bien de mon premier plat français, à la maison nous avions reçu une terrine de l’Imperial Hôtel, je l’avais délicatement coupée en tranches et ne sachant pas trop comment la manger, j’avais trempé les tranches dans de la shouyu et du wasabi…c’ était vraiment très mauvais!



minifrancejp : Quand est-ce que vous avez créé votre restaurant et pourquoi ce nom?

Miyashita san : Nous avons créé le restaurant en 2000, “l’Amitié” signifie “shinnyu”, j’aime ce mot et je veux que les clients se sentent comme chez eux ici.



minifrancejp : justement quel est le concept de l’Amitié?

Miyashita san : Pour moi le meilleur moyen de présenter la cuisine française c’est de la présenter comme les Français l’imaginent : un bon repas copieux et bon marché.

“yasukute onaka ga ippai” c’est le concept de “l’Amitié”



minifrancejp : Vous avez travaillé en France n’est-ce pas?

Miyashita san : Oui pendant deux ans environ, d’abord à “La Tour d’Argent” à Paris, puis à “L’Oasis” à Cannes et ensuite dans plusieurs restaurants de Paris



minifrancejp : Quel chef cuisinier vous a le plus influencé?

Miyashita san : D’abord, Gérard Besson (une étoile Michelin) car c’est un chef qui aime la cuisine classique française sans fioritures, la cuisine de base comme autrefois.

Il y a aussi Christian Constant l’ancien chef de l’hôtel de Crillon, pour moi c’était plus un chef de famille qu’un chef de brigade, sa façon d’organiser le travail dans la cuisine était incroyable.

Quand je suis rentré au Japon j’ai réalisé les qualités de ces deux chefs qui m’ont beaucoup influencé pour la suite.



minifrancejp : Quel plat de saison recommandez-vous?

Miyashita san : Le jarret d’Agneau à la tomate aux anchois et aux capres



minifrancejp : Quels produits utilisez-vous?

Miyashita san : Beaucoup de légumes viennent de Nagano de chez mes parents.

La viande est française et australienne.



minifrancejp : Quels vins proposez-vous?

Miyashita san : Tous les vins sont français, j’ai une préférence pour les vins biologiques, mais je propose aussi les vins classiques que j’aime, par exemple le vin d’un ami cuisinier que je revois chaque année et qui est maintenant vigneron



minifrancejp : Quel est pour vous le plat qui représente le mieux la France?

Miyashita san : Sans hésiter c’est le steak-frites, c’est le plat incontournable français, dans chaque bistrot de France vous trouverez ce plat.




1